ケイズファームの日記

ケイズファームの田舎暮らしブログ

菜園

イチジク速報

期待のイチジク速報 少しずつ大きくなってきています。 鹿に入られないかとビクビクしているのですが、最近はその形跡もなく安心。 このまま鳥害にも合わず収穫まで行けると良いのですが。 以上

ラズパイで自動水耕栽培システム

ラズパイで自動水耕栽培システム そろそろお披露目しておきます。 といってもガワはまだ組み上げていないので、ラズパイ周りの公開です。 こういう感じのセットアップ ↓ ごちゃごちゃしたのは見てもしょうがないので、丸の部分。 オレンジの丸は温度センサー…

今年のブラックベリーの様子

ブラックベリーは好きです、フォルムがかわいい。 だんだんと色づいてきたので画像を貼ります。 去年まで育てていた立派な株とはお別れしたので、育ち方がやや華奢な個体の画像です。 広い畑に植えたのは全部鹿の害に合ったので、この場所が栽培地としては最…

イチジクの様子

近年はイチジクの栽培に力を入れています。 成功と失敗を繰り返し、栽培の方向性も固まってきた感じ。 いくつかの苗は今年で3年目に入るので、おためし程度の収穫が見込めるはず。 実がつき始めたので画像を貼ります。 何せこの大雨続きですから、品質に悪…

ピザ会の様子

古民家でそこそこの頻度で開催されるピザ会の様子を公開します。 画像ばかりです。 古民家に作ったピザ窯と珍しく私の写真(お客人が撮ってくれた)。 ピザ投入。 生地のこね方や丸め方を教えている私。 最初に2枚分だけ定番のレシピを作って見せ、あとはお…

ラズパイ3始めました

ラズパイ始めました。 モデルは型落ちの3。本体4000円くらい。 以前にも水耕栽培の構想を書きましたが、ようやく実機を買う気になりました。 ラズパイは3年前くらいから買おうかなぁ、と興味を持っていたのですが特に使い道も思いつかず放置していたん…

たけのこ掘り 2020

毎年、というわけでもないけど呼ばれればお手伝いに行くタケノコ掘り。 今年は「どうせヒマだろ」という理由で声がかかりました。 やって来ました、竹やぶへ。 実は今年は2回目です。 2年前も書きましたが、わたしが使うのは「ホリ」と呼ばれる専用道具。 …

ディーゼル耕運機いじり クラッチ編

ラジエーター修理の前回から、ディーゼル耕運機いじりクラッチ編。 切れないクラッチ、めちゃんこ危ない。 耕運機操作の安全面で一番大切なのがクラッチ操作。 耕運機を始動する時、クラッチを切ります。 シフトチェンジをする時、クラッチを切ります。 耕運…

ディーゼル耕運機いじり ラジエーター編

購入したスズエのディーゼル耕運機ですが、早速畑を耕してみることに。 感想は...まぁ以前の耕運機よりはパワーアップしたよと言う感じ。 ただ雑草を巻き込むので頻繁に詰まりを取ってやらないといけない。最初などは巻き込みに気づかず、ガチガチに詰ま…

大きい耕運機がやってきた!

以前からトラクター欲しい、とずっと思っていました。 畑が広くなり、手押しの管理機では歯が立たなくなったのです。 どうせ買うなら10年見越して、乗り込みが出来るトラクターが良いなと考えたのですが、やはり手ごろな価格の物は見当たらず。 そんな時、…

自作タバスコ 続き

2月に仕込んだタバスコ、そろそろ瓶詰にします。 種を残した状態で熟成させていたのですが、あまり溶けた感じがしませんね。 多少くたっとなっているかな、くらい。 まぁ瓶詰にしてもどうせすぐには使い切れないのでそのまま瓶の中で熟成されることでしょう…

イチジクの袋栽培 その後

今年の目玉、イチジクです。 去年、挿し木の方法として「袋栽培」をご紹介しました。 これが良かったり悪かったり、まぁ学ぶ所が多かったわけ。 まず袋栽培の見た目 ↓ チラチラと緑が見えますでしょうか、芽が出ている状態です。 ホラ ↓ もっと育つとこんな…

2019年 アスパラ速報

毎年更新しています、アスパラ情報。 今年はダメですね~、これはもしかしたら一からやり直しかも。 とりあえず一枚。 まぁ一応発芽していますが、これは一週間ほど前の写真で、この後の様子は非常にヒョロヒョロとして弱々しい。 実は、アスパラ栽培を決心…

耕運機の準備 → やっぱり修理

思いがけず春を感じる暖かい一日でした。 もうすぐ耕運機をかけて畑の準備をしないといけません。 本番はまだ先として、いざという時に始動しない、なんてことがないように事前に動作確認をしておきます。 手持ちでは一番重いこちらの機体。 補完場所が風を…

錆びついた耕運機のドレンボルト 最終決戦

ケイズファームは現在、耕運機(正確には管理機)を2台所有しています。 1台は中型。 かなり重くて移動が大変。手付かずの土地を掘ることは出来ないけど、耕運能力はまずまず。 もう1台は小型。 軽い、はっきり言って掘る能力はあまりなく、あらかじめ耕…

イチジクの袋栽培を開始

イチジクの袋栽培を開始しました。 まず、袋栽培って何ですか? ってことになりますよね。 前提として、 私、来年に向けてイチジクの枝を集めて挿し木で増やしています。 イチジクは来年以降、ケイズファームの目玉の1つになる予定です。 挿し木ってこんな…

草刈機と格闘 その2

以前、3台所持している草刈機のうち2台を直した、というお話を書きました。 直してから別に使うこともなく仕舞っておいたのですが、夏はどんどん草が伸びるのでいよいよ稼動させることに。 ねんのため畑には2台とも持っていき、いざ開始しようとしたら.…

内職。

「毎日暑いですねぇ」なんてもんじゃなく異常事態です。 日中の農作業はご法度なので、最近は11時~18時くらいまでは外に出ることは控えています。 こういう時期は家にいても出来る作業をしましょう。 その1、自家製味噌の様子見。 そう言えば冬に仕込…

続・ブラックベリー

ブラックベリー、いよいよ収穫時期に入りました。 早速プラパックに詰めて、道の駅で販売を開始したのですが... やはり扱いが難しい。店内にはエアコンが入っているとはいえ、この暑さでは密閉されたパックの中でベリーが刻々と痛みます、水分を多く含ん…

ブラックベリーの様子。

今年の目玉商品、ブラックベリーの様子です。 わさわさと ↑黒くなり始めているものもあります。 以前も書きましたが、ブラックベリーは商品として扱いが難しいことに気づきました。 実が熟すタイミングが結構シビアで、黒くなったら早く採らないといけない。…

お芋ほりほり2018

( -ω-) 「むー、梅雨だなぁ...」 ( -ω-) 「でも今日は晴れてる...」 ( -ω-) 「なんかやることあったっけ?...梅雨の晴れ間...」 ( -ω-) 「梅雨の晴れ間...!!」 ( ゚ω゚) カッ!! ( ゚Д゚)「お芋ほりほり!!!」 今年もやって参りました。恐怖のイ…

畑、今特に熱いモノは?

夏野菜の季節がやってきました。 でもウネ作りやら植え付けやらを済ませただけなので、収穫はまだ先。 そちらの様子は梅雨後くらいになりますかねぇ。 それより楽しみにしているのがこちらです。 ブラックベリーですね。ケイズファームの今年の目玉商品です…

ニンニグ掘るべ。

あー暑いですねぇ、昨日飲み過ぎたので一段と堪えます。 それでもやらねばならぬ作業があります。 はいこちら。 ニンニクです。以前試し掘りしたところ少し小さかったのでしばらく放置していたのですが、そろそろ限界っぽいので片付けてしまいます。 ご覧の…

5月26日、雑作業の日。

今日は溜まっていた作業をこなす一日でした。 まずこちら。古民家の畑の脇。 カモミールです。 ハーブティーなんて優雅じゃない?オホホ と軽い気持ちで種を蒔いた結果がこれです。どーすんのよってね。 ま、そりゃティーにするわけです。収穫しまくります。 ハ…

タケノコ、掘る。

今日の作業はこちら。 どいーん。 おばあちゃんの知り合いが竹やぶを所有しています。 泣く子ももっと泣く、通称「大枝のタケノコ」と呼ばれる良いタケノコが採れる地域です。 毎年のようにタケノコ堀りに誘われるのですが、中々タイミングが合わずスルーし…

4月初旬、アスパラの様子

3年目のアスパラ株を今年の3月に移植しました、経過報告。 まずはこちら。 わりとこんな感じの株が多いです。元気がなさそうな曲がったアスパラが生えています、前年度に蓄えた栄養で芽を出している感じでしょうか。今年は根付きを優先させ、収穫は来年から…

アスパラ移植、そして発芽。

どうも、ケイズファームです。 先日、栽培3年目になるアスパラ達を掘り下げ、第二畑へ移植しました。 第二畑は以下のように準備し、すでにアスパラ共を植え付けてあります。 2年に渡るアスパラ栽培の経験を活かし、やや広めのウネにしました。 掘り下げた…

アスパラのお引越し。

第一畑のアスパラ、お引越し作業中です。 3年前に植え付けを始め、今年からバシバシ収穫できる予定だったので、残念ですが仕方ありません。 3年モノの株は以下のような感じ。 どーん。 すさまじい根っこです。 堀り起こしの大変さはいわずもがな。全てシャ…

ケールまでも...!!

こちらが以前のケールのウネ。 そして現在。 鹿に食べられまくっています。 まぁ仕方ないですね、キャツらも必死です。 ただ、芯をかじられると復活できないので、できれば周りだけ食べてくれるとありがたいんだけど...。 ちなみにここは第2畑で、春には…

アスパラの種、処理、ベトベト。

どうも。今日はアスパラの後処理について。 12月にもなるとアスパラの地上部は枯れ上がり、休眠します。 枯れた部分は刈り取り、畑から撤去し燃やして処理してしまうのが冬の勝ちパターン、そうしないと病気が越冬してしまうそうなので。 刈り取ったあと短…