ケイズファームの日記

ケイズファームの田舎暮らしブログ

夏野菜開始!の準備的な。

夏野菜開始!の準備的な。

今年はややシステマティックに行きます。まずは塩ビパイプを使って畑の水撒きを簡単にしたい。

 

まず畑に水がねぇ!

よくあるのが水桶として風呂桶を置く手法。見た目汚いからちょっとイヤですが、まぁ廃材の風呂桶あったのでおきます。

 

用水路からエンジンポンプで風呂桶に水を入れたいので、とりあえず水の入り口設置。

f:id:keisfarm:20200429194707j:plain

その先に風呂桶を置きます。

 

ケイズファーム自慢のエンジンポンプ達、全部で3台あります。

今回は2台使います。

f:id:keisfarm:20200429194712j:plain

ポンプその1、いつかのエントリーでキャブレターを汎用品に乗せ替えたもの。

軽くて扱いやすいけど、軽すぎて設置が不安定。

木材と組み合わせて重くしようかな。

 

用水路からホースを伝って…

f:id:keisfarm:20200429194709j:plain

水を風呂桶に! まぁこの程度のことはどうでも良い。

f:id:keisfarm:20200429194718j:plain

次は風呂桶から畑に撒くためのポンプその2を設置。

f:id:keisfarm:20200429194726j:plain

こんな感じ。

吸い込む側をホースにするか、塩ビにするかテストしましたが、塩ビの方がカッチリしていていいかなぁ。

 

ちなみにこの2つのポンプは混合油で動くので、草刈機やチェーンソーと燃料の使いまわしが効いて便利、入れ間違いもしないからね。

↓ こういう台に組み付けた、これも廃材。

f:id:keisfarm:20200429194722j:plain

ほいでこの先は、畑に塩ビを這わせて、T字と接続したわけです。

f:id:keisfarm:20200429194729j:plain

↑ 畑に入ってT字から水が出ます。

このT字にはさらに潅水チューブという穴あきホースを接続します。

そしたら良い感じで畑中に散水してくれる、という寸法です。

 

そのチューブはまだ買っていないのですが、ここまで組み上げてとりあえず満足しました。

 

結構お金かかりましたねぇ。

ポンプは別として、一反(約33m×33m)で2万円ほどでしょうか。潅水チューブが一番高いです、沢山買うつもりなので今後も使えますが。

 

これで夏野菜の準備はいつでもOKです!

たけのこ掘り 2020

毎年、というわけでもないけど呼ばれればお手伝いに行くタケノコ掘り。

 

今年は「どうせヒマだろ」という理由で声がかかりました。

やって来ました、竹やぶへ。

f:id:keisfarm:20200426185320j:plain

実は今年は2回目です。

 

2年前も書きましたが、わたしが使うのは「ホリ」と呼ばれる専用道具。
f:id:keisfarm:20200426185246j:plain

↑ かなり重い。

 

↓ 普通の人は大抵、左にあるバチを選ぶ。右には掘られたタケノコ達が…

f:id:keisfarm:20200426185316j:plain

「バチ」はクワみたいな見た目をしているので、使い方がわかりやすいでしょうが、通はホリを選びます。

 

今日は、タケノコ掘り大好きガールズ(平均年齢80歳くらい)と一緒に作業。

 

タケノコ掘り大好きガールズはバチを使って以下のようにタケノコの周りを掘り下げてくれます。

f:id:keisfarm:20200426185311j:plain

その後ホリを持った私を呼んで、私がトドメをさす、という手順。

ホリはテコを使って土を掘り下げたり、胴体でタケノコを押して土との密着を外したり、最後はタケノコの接続部分を切断します。

 

はぁテコね、なるほど、と理屈は簡単ですが、まぁ大変です。

ホリ自体がたぶん10kg以上あります。うっかり身体にぶつけたら青アザ出来ます。

なので、身体から離す方向に動かすのが鉄則。

 

全員、無心になってドカドカ掘る

 

タケノコ掘り大好きガールズA J( 'ー`)し 「ほれ!ケイズファーム、掘りんしゃい!」

( ´-ω-`)「へいへい」

タケノコ掘り大好きガールズB J( 'ー`)し 「ほぉりゃ!こっちも!!」

( ´-ω-`)「へーいへい」

タケノコ掘り大好きガールズC J( 'ー`)し 「○○△△×××!!!」

( ´-ω-`)「ウェイウェイ」

 

f:id:keisfarm:20200426185303j:plain

f:id:keisfarm:20200426185306j:plain

みんなで山分けして解散。

タケノコ掘りは帰ってからが大変で早く下処理しないと味が落ちます、ホントみんな良くやるよ。

 

画像は上手に掘れていないのが多いですが、根元の赤い斑点が残るのが良い掘り方です。

 

以上

チェーンソー 大がかりな修理 ハスクバーナ238 続編

チェーンソー 大がかりな修理 ハスクバーナ238 続編

 

前回からの続き。

開けてビックリ、ピストンが破損していたハスクバーナ

とりあえず修理が一段落したので記録。

 

まずはここから ↓

f:id:keisfarm:20200420152348j:plain

中国製のピストン、届くのがめちゃくちゃ早かった。コロナの影響でヒマなんかな?

 

で、ハスクバーナを分解。

f:id:keisfarm:20200420152353j:plain

ちゃっちゃと組み付けます。

サークリップというものをピストンに組み付けるのが一番キライな作業。

f:id:keisfarm:20200420152400j:plain

クリップがとても固くて地味にイヤな作業です。

↓ 無事ついた。実はクリップにも向きがあったような…

f:id:keisfarm:20200420152402j:plain

リコイルを引っ張って、ピストンの動作を見てニヤニヤしようとしていたところ…

f:id:keisfarm:20200420152356j:plain

なんとここで引っかかって動かない。最悪です。

よく見るとビミョーに縦の長さの違うピストン。上が新品です。

f:id:keisfarm:20200420152405j:plain

新ピストンの下部が大きすぎてつっかえるんですよね。

1mmくらいの話ですが、どうしようもないから削ることにしました、グラインダーやらヤスリやらでガリガリガリと。

 

再度取り付けしてスムーズに動くことを確認して、すべて元通りに組み直す。

これで動作すれば文句ない。

 

で、ダメなんですよねぇ...

 

本当に参りました。

新ピストンでもちゃんと圧縮があるように思えますが、エンジンが一瞬しか動かない。

キャブまではちゃんと燃料が来ているので、点火系の問題?

 

モノは試しとマフラーを外して始動してみると、さっきよりは動作時間が長くなった。

でも全然パワー不足。ボスンボスンと回ってすぐに落ちます。

やはり純正ピストンじゃないとダメなのか?

 

もうイヤ! とその日は不貞寝します。

ジャンク品としてプラマイゼロの価格で売れればいいや、と思っていました。

そしたら夜中に目が覚めて、改めて原因を考えてみたんですよ。

 

プラグの火花は問題なさそう(それでも点火系の問題なら部品ないしお手上げ) → ピストンの圧縮はある → この条件ですぐにエンジンが落ちるのはおかしい → マフラー取ったら多少改善された → 排気か? でもマフラー洗浄済みだし、外しても動作が持続しないし…

 

( ゚д゚) ハゥアッ!!!

 

答えがわかった気がします。

翌日、改めてピストンを見ます、純正ピストンの見た目 ↓

f:id:keisfarm:20200420152420j:plain

こんな風に横がスカスカなんですよね、変わった見た目だなぁくらいにしか思っていませんでしたが。

 

ピストンが収納されるシリンダー側を見ます。

f:id:keisfarm:20200420152408j:plain

黄色い矢印方向に燃料と空気が入って、抜けていきます。

オレンジの丸の部分には奇妙な横穴が縦に2つあるんですよ、反対側にもあります。この穴は縦同士で繋がっています。

 

この穴に先ほどの純正ピストンのスカスカの面が接します。つまりピストンのこの面が十分に通気しないといけないみたい。

ちなみにこの穴は掃気ポートと言います、まぁ詳しい挙動の説明は省きます。

 

困ったことに中華ピストンは通気口がない。仕方ないのでこうです。

f:id:keisfarm:20200420152411j:plain

もうやぶれかぶれ。ドリルで穴を開けたのと、下側をえぐるように削りました。

しっかりしたボール盤などの卓上工具があればもう少しまともに出来るんですけどね。

 

何はともあれ、これでちゃんとエンジン動作したんですよ 笑

 

ピストンは高速で上下していますので、こんな穴がなくても掃気ポートが常に完全に塞がれていたわけでもなく、ちゃんと動作してくれそうなもんですけど、いやはや繊細ですね。

 

純正から比べるとたぶんパワーが落ちたりしていると思いますが、まぁいいや。

本当はもっと穴を広げて通気を改善すべきな気がしますが、今はこれ以上分解したり組んだりする気になれません。

f:id:keisfarm:20200420152418j:plain

まったく苦労させてくれました、こんなの修理というよりは改造です。

売るに売れないので自分用になりました(でもデザインは気にいっています)。

 

おしまい

ヒマだからIoT農業やるぞ! (頭の中で) その3

ヒマだからIoT農業やるぞ! (頭の中で) その3

 

たぶんこれでシリーズ一旦終わりです。(実際に取り組む日まで)

 

水を撒いたり、貯水タンクに給水したり、光量を管理したり、温度管理したり...

これら全てを簡潔に管理したいので、軍隊よろしく命令系統を洗練させます。

 

電動ポンプ係や暖房係に機能を足すという発想よりも、上流を考えます。

「監視君」と「命令君」を作ります。

監視君は一定時間でセンサー達の数値を集計したり、こちらが設定した数字を覚えておいてくれる係。

例えば、設定した貯水量をタンク内の水位が下回った場合、監視君が命令君に信号を飛ばします。

命令君は、監視君が送信したデータを見て必要な命令を実務部隊に送信する係。

f:id:keisfarm:20200416232834p:plain

 

実務部隊(ポンプ動かす係や暖房係など)の仕事は出来るだけシンプルに、workとstopだけ。もうちょっとだけ頑張ってもらって、頼まれれば自分でも担当のセンサーの数字を読み取ったり、働いた時間のデータを報告してもらいましょうか。

 

この手のシステムではもろもろのデータ管理がキモなので、「記録君」に任せることにします。データをデータベースに記録したり取り出したりすることが役割ですが、今回はその辺はサボっています。

 

大体の関係はこんな感じ ↓

f:id:keisfarm:20200416234833p:plain

↑ 監視君から記録君への矢印を忘れてました。基本的に全ての行動は記録君に渡します。

 

今回のシステムでは、記録君が水撒きポンプに散水命令を飛ばすことはしませんし、監視君もしません。(別にさせても良いんですけど)


色々と面倒に感じるかも知れませんが、こうしておくと後々の管理が便利になってきます。何でもありの便利係を作ると改変する時に地獄です。

 

実際に動作を追ってみましょう。
システムがまっさらな状態では何も起こりません。
命令君、監視君、記録君、実務部隊はそれぞれの関係を築いていないのです。

 

手動で命令を飛ばすことは可能です、命令君を通じて水撒きポンプ係に散水命令!


散水を実行したら水撒きポンプ係は自分の仕事の記録を取り、記録君に提出します

記録君は時間や散水量などのデータを記録します。

タンク内の水位が減りましたが、監視君に何も頼んでいないので水位は監視されていない状態です。給水ポンプ係は自発的にセンサーを読み取って判断をしてくれないわけです。

これでは困りますので監視君に命令します。


「水位センサーを監視して、この数字覚えとけ! 下回ったら、命令君に言っとけ!」
とこんな感じです。

これで一定時間(これも設定するわけですが)が経つと監視君のチェックが入るようになり、水位が下がっていると給水ポンプ係に通電してくれるわけですが、命令君がいますので監視君から直接命令が行くのではなく、監視君 → 命令君 → 用水路ポンプ係 → 記録君 という流れになります。
うーん、監視君と命令君は合併してもいいかなぁ。

 

動作の流れはこのような感じになります。
あとは細かい処理の話で、散水してる最中に手動で散水命令だしちゃったらどうなるの?とかエラーが発生しないように気をつけます。

 

今回はこれくらいで終わります。
カメラで画像記録なんかラクショーですし、機械学習と組み合わせることもギリギリ射程範囲内です。

 

まぁ誰かがすでに開発しているものを自分で低い次元で作るわけですが、業者に頼むと1000万とかするわけですからね(知らんけど)、自分でやった方がやる気もわくってもんです。

 

おしまい

keisfarm.hatenablog.com

ヒマだからIoT農業やるぞ! (頭の中で) その2

ヒマだからIoT農業やるぞ!(頭の中で) その2

 

今回はもう少しプログラミング寄りの頭の体操。

 

前回のおさらい。

PC(あるいはアプリ)からネット環境を通じて命令を飛ばして、ラズベリーパイが命令をキャッチする、命令(例えばスプリンクラーを起動させる)を実行して散水する、手動で停止命令を飛ばしてスプリンクラーを止める。

ここまでが前回。


で、散水したらタンクの水が減っちゃうじゃん、ってお話。

前回の通り、貯水タンクにはセンサーが仕込んであるとして、擬似システムで見て頂いた通り貯水量は数字で管理出来ています。

f:id:keisfarm:20200416222327p:plain
tank_filler.work(); という命令を飛ばすと用水路に埋めてある電動ポンプがラズベリーパイによって通電して、貯水タンク内に水を足してくれます。
例によって tank_filler.stop(); という命令で止めます。

 

ここの仕組みは前回と同じなので別に言うこともない。


実際には手動で制御するわけではなく、ラズベリーパイがセンサーの監視もして、必要な命令を飛ばします。

スプリンクラーの散水開始時間もラズベリーパイが制御しますし、散水量も水位センサーで測って制御させることができる。

 

はーラズベリーパイって便利なんですね! 

ってそれは違います。

ラズベリーパイはただのパソコンなので、仕組みは自分で考えて書かないといけません。

 

「タンク内の貯水量をセンサーで管理している」という意味は、ラズベリーパイに、
例えば1時間に一回、センサーからデータを取得させて、サーバーに送信して、それをアプリに反映させる、という意味です、ってことはアプリも作れないとダメですね、私は面倒なのでたぶんウェブページで管理するようにします。

 

今は水回りの話しかしていないのでまだシンプルですが、温度管理、光量管理が組み合わさるとどうでしょう? 同じだけ悩まないといけませんし、それぞれの機能の間に相互関係が生まれてくると大変です。

 

というわけで次回に続きます。

ヒマだからIoT農業やるぞ! (頭の中で) その1

ヒマだからIoT農業やるぞ!(頭の中で) その1

 

今日は以前から取り組んでみたかったコンピューター管理の栽培システムの準備体操をしたいと思います。

長くなりそうなので3回くらいにわけてお伝えします。

 

取り組みの背景としてはご想像の通り、畑に行ってなんやらするのって大変なんですよ。
水撒きなんてタイマーで管理してスプリンクラーで撒いたら良いと思いません?
畑で作業していたらそんなこと考えるのは当然です。だからハウス栽培があるわけで、

水の管理や冷暖房システムもすでに山ほどあります(たぶん)。

 

時代は、古典的なタイマー管理から進化して、近年ではIoT(インターネットオブシングス)と組合わせてネット管理に移行し始めています。
イメージとしては、アプリからネット回線を使ってスプリンクラーに命令を飛ばしたり、ウェブカメラで成長を記録したり、温度や湿度データをネットでサーバーに飛ばして記録したり、あとはAIというか機械学習と組み合わせる技術もあり日進月歩といった印象。

 

で、手持ちの技術を組み合わせてささやかなシステムを組みたいと思っていたわけです。

今から書くのは話をわかりやすく加工した公開用の見世物だと思ってください。

 

まず栽培する工場を建てます、ハウスでもコンテナでも可能。
電気を引きます。
ネット環境も必要です。
水もいります。

こんなのは当たり前の前提です。
今回は「水撒き君」を考えてみましょう。

 

水撒き君は、貯水タンクから電動ポンプを使って水を吸い上げて散水します。
ポンプと塩ビパイプを組み合わせてスプリンクラー設備をつくる(水耕栽培なら撒くというより流し込む感じです)。

 

貯水タンクにはあらかじめ水を貯めておく必要がありますから、用水路から電動ポンプを使って貯水タンクに引き込む設計にします。

f:id:keisfarm:20200416222318p:plain

古典的な方法ではこれらをタイマーやセンサーで作動させるわけですが、これをコンピューター制御にします、じゃないと家から操作できないもんね。

f:id:keisfarm:20200416222322p:plain

ここで登場する中継コンピューターがカギです。
ラズベリーパイという小型のコンピューターがあります。

f:id:keisfarm:20200416222713j:plain

1万円以下で買えて、PCで出来ることは大抵何でもこなせるというすぐれもの。

現在シリーズ4まで発売しています。


まぁ使いこなすにはプログラミングの知識がいるのでそこが農業者にはネックなのでしょうが、

器用貧乏のレベルは高いケイズファーム、プログラミングは守備範囲内です。


基本的な散水動作の流れを確認しましょう。

アプリやPCからネット環境を通じて散水命令を飛ばす

中継コンピューターが命令をキャッチする

中継コンピューターが散水命令を処理する(簡単に言えば電動ポンプのスイッチを入れる的な意味ですが)

ポンプが通電して散水する

散水停止命令を飛ばす

完了

 

ここまでを確認してみましょう。この画面をご覧ください。

f:id:keisfarm:20200416222327p:plain

オレンジの枠の貯水量はタンク内にセンサーが仕込んであって、タンクの貯水量を数値で飛ばしてくれるとしましょう、これも中継コンピューターのラズベリーパイの仕事です。


このシステム上で、water.work();という命令を飛ばすと、ポンプが通電して散水が始まります。

(という擬似システムです)

f:id:keisfarm:20200416222331p:plain
ハウス内では散水が始まり、先ほどの水位センサーを通じて散水量が表示されます。

止めるには、water.stop(); という命令を飛ばします。

ラズベリーパイが命令をキャッチして通電が解消されます。

これで自宅から散水が出来ました(くどいようですがイメージです)。

 

このように手動制御も可能ですが、当然、散水開始時間や散水量はこちらで設定して後はラズベリーパイで管理させるわけです。

water.work(); とか何やねん、という話ですが、そういう風にプログラムを自分で組んだのです。言語はJavaScriptです。300行くらいで大体のシステムは完成しました。続きは次回へ。

 

※実際はラズベリーパイはまだ買っていませんし、PCやアプリから命令を飛ばしてキャッチさせる方法も知らない。ラズベリーパイで100Vを通電させる方法やセンサー類の扱いも全く知りません。全て今後の学習予定です。