ケイズファームの日記

ケイズファームの田舎暮らしブログ

草刈機と格闘。

今日は台風が来ているということで、真夏日から少し開放されました。

別に特別雨が降ったわけでもないので普通に暑いんですけどね、日差しがないだけマシです。

 

しばらくすると雨が降ることはわかっているので、今日は水まきの心配がないわけ。

見回りして、よく成っている野菜を収穫して、納品しておしまい。

 

そこで以前から先延ばしにしていた草刈機の修理に着手しました。

 

なぜか写真は一枚も撮っていないので臨場感は皆無。

以下、内容を記します。

 

ケイズファームには現在3台の草刈機があります、ヤフオクで買ったり、貰い物だったり。

3台あっても現状、全部動かない状態です。

で、修理したいけどやり方もよくわかんないし、工具も大してないし、ということで先延ばし。

 

農業者たるや、草刈機の修理くらいはできてなんぼのもん。

YouTubeで修理動画を見まくって準備はOK。

 

近隣のコメリで買えるものは買います。

・パーツクリーナー: 部品の掃除に

・キャブクリーナー: 同上、キャブ内部用。こちらのが汚れを溶かす力が高い

・オイルスプレー: 錆びて固いネジに事前にかけておきます

・専用のグリス: ブレードのメンテナンスに

・混合ガソリン: 燃料です

・ラチェットセット: ブレード部を外すのに必要だったり

・プライマリポンプなどのパーツ: 消耗品として

 

こんなもんです、あとはドライバーセットがあれば出来る。

全部で6000円くらいですかね。他の機械の修理にも使いまわしできるので、別に高いと思わない。

 

ということで僕が思う「草刈機の調子が悪い時にすべきこと」

できるだけ楽な順から書きます。

 

古い燃料は捨てて新しい燃料でトライする: まずはここから。

 

排気口の掃除: ドライバーでマフラーの排気口を通す、詰まっているとそれだけで動かないので。

 

エアクリーナーの交換: スポンジみたいなパーツ、経年によってボロボロになります。これがないとエンジンが止まるわけではないと思いますが、なしのまま使うとエンジンにゴミが入り込むかも知れないので。

パーツ自体もホームセンターで売ってます。

 

ネジ調整: エンジンがかかるのにすぐ止まるとか、チョークの開き具合で止まる場合は、たぶんこのネジ調整。

 

個体によってネジの位置が違うので戸惑いますが、燃料の濃さを調整するネジがあります、スロー調整とかエアスクリューといわれるものです。

 

燃料が濃すぎても薄すぎてもエンジンには良くないそう。

とりあえずはアクセル全開であろうとエンジンが動く状態にして、このネジを回し、低速~高速に変えてもエンジンが動いてくれる位置を探る。

一般的には全閉の状態から1回転半戻した位置が基本だそうですので、そこから調整をしてください。

 

上が終わったら、アイドリング調整のネジというのもあるので、最低速にしてもエンジンが止まらない位置を探す、ギリギリブレードが回らないくらいの位置を探しだし、またスロー調整、それからアイドリング調整、これを繰り返して、エンジンに負担がかかってなさそうな位置を探す。

 

この辺は、良い感じで説明している記事も少ないですが...なんというかネジですから、こんなに緩んでたら、あるいは締めてたらダメだろう、という常識の範囲で対応しましょう。

 

プラグ交換: プラグをレンチで外して、プラグキャップをまた付けて、先端をどこか鉄の部分にくっつけてリコイルスターター(エンジンかける時に引くヒモ)を引く、火花飛んでるか確認、飛んでないなら交換。

 

外したら、せっかくなのでパーツクリーナーにビチャっとつけて置くか、拭くかして汚れを取っておきましょう。先端が白くなっていたらそろそろ交換です。

 

プラグはホールセンターに売ってるので、これで直るなら楽勝。

 

タンク周り: 忘れてましたが、タンクも重要。

タンクから燃料を吸い上げるホースがもろくて(ゴム製なので)、穴があいたり、ちぎれたりする。

燃料タンクに沈めるフィルターの部分が詰まってもダメ。

何気にキャップも小さい穴があって圧力の調整をしているそうなので、詰まっていないか確認が必要。パーツクリーナーでも吹いて通しておきましょう。

 

マフラーの掃除: ドライバーで色々と外す必要がありますが、キャブレター外すより楽かも。

草刈機のマフラーは大抵金属の箱で、分解していけば中も見れます、汚れが酷かったらドライバーなどで削り落とす。

 

はっきり言ってマフラーの汚れを削り落とすのは大変、というかベッタリしてて落ちないので、バーナーとか焚き火でマフラーを焼いてカーボンを燃やす方法が推奨されています。

 

私はこれで今回マフラーを1つ溶かしました。

↑これは実話でバカ話ですが、実際この手のマフラーは焼いて掃除するようです。

 

焼くのが無理なら、灯油につけておくと汚れが浮きますが、ガム状になった汚れは落とすのが大変です。

 

キャブ回り: 上記でもダメなら、いよいよキャブレターです。

僕は一台潰すつもりで分解しまくって大体中身が把握できましたが、長年分解されてないキャブレターは部品がひっついていて簡単には外れないので、注意が必要です。

 

プライマリポンプの交換。燃料を吸い上げるために押すポンプです。プラスチック製なので、日光にさらされたり、経年で割れるので交換しましょう。ホームセンターで売っているので楽勝。

 

それでもダメならもっと分解です。簡単に開かないようなら木づちでトントンしたり、ドライバー+トンカチで衝撃を与えたりして、パカッと開けましょう。

 

金属の間に挟まっているプラスチックやゴムのパーツは経年で劣化するので、やはり交換ですが、これらはホームセンターに売っていないことが多いので、お取り寄せかネット注文になります。大きさも大事なので、機械の型番で確認するべきです。

 

次は、キャブレターにあるたくさんの穴を徹底的にキャブクリーナーで洗浄しましょう、そのあとパーツクリーナーで洗い流します。これらの液体が飛び散るので、ゴーグルを着用すること。

 

出来れば細い針やワイヤーブラシの毛を一本用意して、詰まってそうな穴は通しておくのが良いです。汚れがガチガチだと、灯油に一晩浸したりするそうです。

 

洗浄が終わればまた組み上げます。 

 

以上、私が出来るのはこれくらい。

 

修理の戦績は、3台中2台成功。

一台はマフラー溶かしたので再起不能レベル、マフラーも自作しようかな。

 

思ったのは、草刈機の修理というとすぐ分解に手を出してしまいそうですが、それ以前の注意点がたくさんあるのでそっちを先に試すべき、ということ。

 

で、誰が読むのかこのエントリー。

 

おしまい。