ケイズファームの日記

ケイズファームの田舎暮らしブログ

ディーゼル耕運機いじり クラッチ編

ラジエーター修理の前回から、ディーゼル耕運機いじりクラッチ編。

 

切れないクラッチ、めちゃんこ危ない。

耕運機操作の安全面で一番大切なのがクラッチ操作。

 

耕運機を始動する時、クラッチを切ります。

シフトチェンジをする時、クラッチを切ります。

耕運機を止める時、クラッチを切ります。など

 

とにかく動作をするたびにクラッチを切るのが鉄則なので、壊れている状態など言語道断です。

修理するしかない。

 

まずはVベルトを外して修理しやすいように。

f:id:keisfarm:20190919221649j:plain

これがクラッチ盤。あ、クラッチ盤についてたボルトも6つ外してあります。

f:id:keisfarm:20190919221752j:plain


さぁ、こっからどうすっぺなぁ...構造も何もわかりません。

適当にいじってもっと壊れてしまうのだけは避けたい。重すぎて運べないし、修理できる人を見つけるのだけで大変そうだもの。プロに頼めば出張+工賃で4~6万と見たね。

 

そこで観察。

クラッチレバーを引いて、切った状態にすると裏側の部品が押されます。

f:id:keisfarm:20190919221628j:plain

グリリっとすごい圧力で真ん中の芯が伸びて、ボルトで止まっている青い腕を押します、するとテコが効いているのか腕の外周側が釣られてズズっと動きます。このあたりにクラッチ動作の秘密があるのでしょうが...

 

どうせ中で固着してるんだから分解清掃、とりあえず抜き取るべ、と中心のボルトを外しにかかるも固すぎて歯が立たず。

仕方なくボルト穴から洗浄剤などを流し込む。

f:id:keisfarm:20190919222509p:plain

これで固着が取れてくれたら楽なんだけどなぁ...

悪戦苦闘していると、その時はついに来ました。クラッチを切った状態で真ん中のボルトを外そうと力んだところ...ズリリっと芯だけが回ったではありませんか、円盤部分は空転です。

 

これや! これがクラッチ切れた状態なんや! と歓喜し、いやぁめでたし、と6つのボルトを戻して再度動作確認でクラッチを切った状態にしたら...ダメなんですよねぇ。なんで?

 

周りのボルトをつけると、クラッチ切れない。外すと切れる。

ちなみに、クラッチ内部には円盤がはいっていて、その円盤には半円の切り欠きがあります、ここにボルトがフィットしてその円盤を固定する仕組みになっている(ボルト穴から観察しました)。実はそれより小さい円盤も確認済みで、これはボルトと緩衝しない中心に近い位置におさまっている。

 

つまり、大きい円盤はボルトを締めた状態でガッチリフィットする設計、クラッチをつないでいようが切っていようがそれは変化しないはず。ボルトを外してしまえば当然ズリズリと動いてくれたわけですね。

 

小さい円盤は、クラッチを切った時には大きい円盤との密着が外れ、大きい円盤は中空状態、小さい円盤は回転し続ける状態になるはず。

 

現状は、外周のボルトを外してクラッチ切れば空転させることが出来るが、大きい円盤の切り欠きが動く → たぶん小さい円盤と固着しているから? それともボルトがないとそういう風になる?

 

ボルトを締めると、空転すら出来なくなる → 小さい円盤と分離が出来ていないから、固着しているから?

 

洗浄剤も流し込んだし、かなりの力で芯を回したり打撃を与えたりした...あ、チョ、マテヨ。

 

そしていよいよ解決へ。最後のカギはこいつらでした。

f:id:keisfarm:20190919223818j:plain

クラッチ盤裏側の青の腕3本です。これが「正しく動作」しているかの確認はしていなかった。

 

一応3本ともそれらしく動いてくれてたので良しとしていましたが、改めて緩めて、位置を見直し、キチッと締め直しました。

 

はい、無事解決です。ちゃんとボルトを全て締めた状態でもクラッチが切れるようになりました。

 

でも、なんだろうなー。固着していたのか、腕の調整が良くなかったのか...

分解できなかったのでそれは不明だし、クラッチの動きも結局細かくはわからなかった。

 

明らかに古いタイプのクラッチだし、調べてもドンピシャのが出てきません。

まぁ直ったし、もう壊れないだろうからいいんですけど。

それにしても疲れた。

 

おしまい

ディーゼル耕運機いじり ラジエーター編

購入したスズエのディーゼル耕運機ですが、早速畑を耕してみることに。

 

感想は...まぁ以前の耕運機よりはパワーアップしたよと言う感じ。

ただ雑草を巻き込むので頻繁に詰まりを取ってやらないといけない。最初などは巻き込みに気づかず、ガチガチに詰まってしまって、ほどくのに30分くらい格闘することになった。

 

回転する部分の端が安全のためカバーがついているのですが、これがネック。雑草がカバーの隙間にミッチリと詰まってしまうと簡単には取れません。

 

詰まる前に取れば良いのでしょうが...

まぁ道具というのは使い方を理解しないとダメ、ということですね。

当然、事前に草刈りして草をどけて耕すのがジョーシキでしょうけど。

 

さて、エンジン自体は調子が良いので、バリバリ耕していたところ、なんとラジエーターから沸騰した水が噴き出してきました! これは怖い。

すぐにエンジン止めて冷ましてから蓋を開けてみると、その蓋が経年でボロボロになっていました。まぁそれは知っていたんですけど、ゴムのパッキン部がもう限界だったようです。ラジエーターキャップって大事な部品らしくただの蓋ではないらしい。

 

とはいえ、蓋の不備だけで沸騰したとは思えないので、ラジエーターを掃除することに。

 

ご存知でしょうが、ラジエーターはエンジンを冷却する装置で、車についていますよね?

え、知らない? そりゃイカンよ。

 

LLC(クーラント)という液体と普通の水を混ぜて、たっぷりラジエーターに入れておくと、エンジンのあちらこちらをパイプを通じて冷却水が循環しエンジンの温度を下げる。

 

戻ってくる冷却水は当然熱くなっているので、ラジエーターは水を冷やす役目も果たさないといけないわけ、だからメッシュ状の見た目になっていて、ファンから流れる風と合わせて上手に放熱できるようになっています。

 

つまり上手に放熱できないと、エンジンが熱くなりすぎます。

 

ラジエーターを触るのは初めて、とりあえず外から触れる部分はドロを落として目詰まりを解消する。

 

せっかくなので水くらい交換してみよう。

ドレンコックがありましたがひねっても何も出て来ない、中で固着していたようなので針金でガスガスついてみると、ドバッと黒い水が出てくる(ドン引きです)。

 

とにかく排水はOK。

 

次に中も洗浄しておきたいところ、しかしどうやって?

とりあえず水を何回も入れ替えてみる。先ほどのドレンコックから番線突っ込んでガスガスやると黒い汚れが出るわ出るわ。

 

透明な水が出てくるようなりましたが、不安になってきました。

コレ中身相当やばいんじゃね?番線ガスガスしたって出口しか掃除できないし、冷却水の経路が詰まってたらどうしたら?

 

ネットで検索したら洗浄方法が沢山でてきました。

専用の溶剤は入手に時間かかりそうなので、重曹と酢で洗浄することにしました。

あんまり効果はない、という声もありましたが、まぁ材料も揃っていたので。

 

試した手順:

ラジエーターに水を入れる → 重曹ばさばさ入れる → しばらくエンジンかけて水温をほどほどに温める → 酢を足すと反応が始まる → またエンジン回して洗浄を試みる → 冷めたら排水 → 水道水で洗い流す

 

こんな感じです。

うーん、効果はわからないな。逆に内部のパーツを痛めないか心配になりました。

 

ヤケになって、キャップから見える穴に細めの番線を突き刺してみる。

どこまで入るかな~とやっていると、穴によって深さが違う。

アレ? これもしかして...ガスガスガス!とやってみるとズコっと開通しました。

 

やっぱり物理最強です。でもキャップから触れる穴なんて数が知れてるんだよなぁ。

 

これ以上は専用の溶剤でも使わないと仕方ないので、ほどほどにして冷却水を作って戻しておきました。

元よりはそこそこ綺麗になったと思いますし、稼働時間に気をつければ大丈夫でしょう。

 

以上、ラジエーターに触ってみた編でした。

大きい耕運機がやってきた!

以前からトラクター欲しい、とずっと思っていました。

畑が広くなり、手押しの管理機では歯が立たなくなったのです。

 

どうせ買うなら10年見越して、乗り込みが出来るトラクターが良いなと考えたのですが、やはり手ごろな価格の物は見当たらず。

 

そんな時、某フリマサイトで大型の耕運機を発見しました。

しかも無料で配送までしてくれるという親切さ(大型の機械は配送がまたネックで)。

早速落札、配送代はちょっと色つけてあげてお値段3万円なり。

 

機体はこちら↓

f:id:keisfarm:20190906130423j:plain

でん!

f:id:keisfarm:20190906130415j:plain

ばん!

f:id:keisfarm:20190906130421j:plain

かぁっくい~。え?そうでもない?

 

これなんとディーゼルエンジンです。スズエというメーカーの型番LAと書いてあります。8馬力の機械は今まで使ってた管理機とは威圧感が違います。

 

配送してくれたお兄さんに実際にエンジンかけてもらう。

下の写真の矢印部分にハンドルを差し込んでグルグルするんです。

f:id:keisfarm:20190906130529j:plain

デコンプレバーという装置をかけながらグルグルグルグル回して、勢いがついたところでレバーとハンドルを開放すると...

 

ポン、ポンポンポン...ドダダダダ!! とエンジンがかかります。

まぁ私がやっても非力でエンジンかからなかったんですけど、お兄さん苦笑いしながら帰って行きました。

いや配送ありがとう。

 

ディーゼルエンジンについて全く知らなかったので仕組みを調べて、誘惑に負けて分解。

 

デコンプレバーが外れてエンジンかけられなくなったり...

燃料を送り出すポンプに空気が入ってエンジンかけられなくなったりかなり焦りました。

 

せめて畑耕してから分解すりゃ良かった、と何度も後悔など オホホ。

 

結局無事戻せたのですが、なんと不具合を複数発見。

まずクラッチ切れないんですよ、これは怖い。一通り耕したらここは修理しないと。

 

あと電気来てないね。まぁヘッドライトなんて使わないんですけど、配線直す程度で直るならやります。

 

ただ大本の電源がどこかわからない。機体から出ている配線が一つあるからこれでたぶん間違いないんだけど、それがさらにオイル切れ感知ランプに直結されてて配線にアクセス出来ない。これも後回し。

 

残念なことにこの機体、メンテナンス性が悪いです。簡単には部品にアクセスできません。

普通は分解する必要がないんでしょうけど。 

 

とにかく今は畑の準備を急ぐべき時期、機械いじりは出来れば後回しだ! 

 

しかしディーゼルエンジン面白いですね。軽油買うのも初めてだったし。

ポンポンと煙を吐く姿はどこかジブリ的です。

 

おしまい

たびのきろく、9月2~3日 後編

たびのきろく、9月2~3日 後編

 

7時起床、テント片付けて移動。(なんなん?そのポーズ)

f:id:keisfarm:20190904175129j:plain

7時にはテントの中が猛烈に暑くなってきたんですよね。

周りを散歩する人がいたりして、のそのそと起きだす。


名所「東尋坊」へ寄って朝食食べたり、移動してお風呂入ったり。

f:id:keisfarm:20190904175226j:plain

東尋坊。すごい絶壁なのにフェンス一切無しで怖い。


お昼は、初日に外したおそばを回収。

f:id:keisfarm:20190904175329j:plain

辛味大根を使ったツユがビリビリ辛い珍しいおそば。クセになる辛さがたまらん。

お友達いわく福井は蕎麦ドコロらしいです。お蕎麦って良いもんだなぁ。

 

そしてこの日のメインイベント、向こう数日分の食材確保を兼ねた釣り大会へ突入。

f:id:keisfarm:20190904175437j:plain

仕掛けはサビキ釣り、小さいカゴに入れたエサで魚を集める釣り方。

私は初めての釣り方でしたが、季節と場所が良かったらしく中々の釣果。
釣れたのはアジとカワハギのみ、全部で80匹くらい?

f:id:keisfarm:20190904175459j:plain

 

16時ごろ撤収、魚の下処理をして17時出発。

海沿いはいいなぁ、と全員名残惜しそう。

f:id:keisfarm:20190904175634j:plain

いつか海沿いに別荘買おう、などという話も出たり...。


んで、また雨。活動中は全然降られていないので本当にラッキーな旅だった。

f:id:keisfarm:20190904175657j:plain


夕食は小浜でラーメン、まぁ旅なら一回くらいは食べますよね。

f:id:keisfarm:20190904175720j:plain

 

車中では夏らしく怖い話なども出て盛り上がり、疲れを感じることなく21時帰宅。

荷物や魚をわけわけして解散。

 

いやぁ、大人の夏休みを堪能しました。
本当にこういうのは久しぶりで、ひと夏と言わず人生屈指の夏休みになりました。
当然「またやろうね」という話になっているわけです。

 

おっくうな性格の私を言葉巧みに誘い、旅の計画をバッチリ決めて先導してくれたお友達2人に感謝します。

立案・スケジューリング・道具の剪定・実践 全ての過程が学びだと感じましたし、臨機応変にこなした3人のあり方には大きな意義があったと思います。

 

たびのきろく、おしまい。

 

こういう何気ない夏っぽい景色がたまらん。

f:id:keisfarm:20190904175758j:plain

 

たびのきろく、9月2~3日 前編

「夏休みらしいことがしたい」というわけで、地域のお友達2人と珍しく遠征してきました。


目的地はお友達2人の地元、福井県福井市

そこでキャンプする計画。


今回の旅の流儀は「何事も、かわいく(おもしろおかしく)すること」

以下、旅の記録。

 

朝の7時に出発する様子。ご覧の通り、微妙な天気。

f:id:keisfarm:20190904172002j:plain

 

とりあえずはしゃぐ。

f:id:keisfarm:20190904171956j:plain

私が写っている唯一の写真でした 笑(右です)

 

三方五湖で休憩、すでに2時間は走ってる。コンビニで朝食をとる。

f:id:keisfarm:20190904172248j:plain

この時点で天気は結構悪かったが、

旅の流儀に沿って「ウチらが行けば晴れるっしょ!」とかわいくテンションアップ。

 

どんどん天気は悪くなり。

f:id:keisfarm:20190904172007j:plain

 

その後、スコール。

ありえないくらい強い降りに全員ドン引き。

f:id:keisfarm:20190904172015j:plain


「海、やばいんじゃね?」と、計画の変更を視野に入れ始めるが、福井市に入る頃に天気は落ち着いた。

f:id:keisfarm:20190904172022j:plain

 

お昼を食べに、お友達Aおすすめのおそば屋さんへ向かうもまさかの休業日。

動揺するAの様子(その後もネチネチと責められ続けました)。

f:id:keisfarm:20190904172026j:plain


代わりにソースカツ丼を食べました、甘めのタレで美味しかったです。

f:id:keisfarm:20190904172326j:plain

 

↓ あまり意味のない景色でしょうが、我々にとっては本当に「街」という感じで不思議な感動を覚える

f:id:keisfarm:20190904172318j:plain

いわゆる地方都市の建物・景色でしょうが、山間部で暮らしていると何でも揃っている街は「住む世界」が違って思えます。

 

明らかに海寄りの景色に変わり

f:id:keisfarm:20190904172335j:plain

 

ついにキャンプ地、亀島(がめじま)に到着。

なるほど、こりゃ亀島って名付けるわな。

f:id:keisfarm:20190904172337j:plain


もう1時を過ぎている。海も穏やかだし潜るなら今しかない。

チャチャッとテント設営。

f:id:keisfarm:20190904172342j:plain

f:id:keisfarm:20190904173444j:plain

 

海でひとしきり遊ぶ。雨も降らず、水温も適度に暖かく、本当にラッキー。

 

火を起こしてビールタイムです、こういうのが楽しみで ヒヒッ。

f:id:keisfarm:20190904173652j:plain

 

f:id:keisfarm:20190904173731j:plain

テント設営・火起こしともに田舎者の手際の良さでチャキチャキです。


日が暮れてからは、焚き火を前に寝そべってダラダラ飲んでダベって、星を見たり、うたた寝したり、ゆっくりと過ごす。

f:id:keisfarm:20190904173824j:plain

f:id:keisfarm:20190904173852j:plain

海の景色の綺麗さと、休息の大切さをかみしめながら初日は終了。


海に潜って疲れたので全員22時には就寝していたらしい。

後編へ。

怒涛のお盆。

お盆は怒涛でした。

 

宿泊、イベント、遊びに、わけがわからなくなるくらい忙しく、ようやく今日で一息つけました。関係の皆様、本当にありがとうございました、またケイズファームをよろしくお願いします。

 

来週はちょっとゆっくり出来そうなので、後回しにしていた畑作業などをやろうかと思います(草刈り、恐怖です)。

 

ケイズファームを名乗りながら、今年は本当に農業は空ブリです、新しい畑の獣対策が甘く、夏野菜は全滅、期待のイチジクも見事に新芽をかじられた状況。

 

まずは草刈 → 獣対策 → 用具置き小屋作り

このように進める予定です。同時に秋の植え付けの準備しないといけない。

 

ラクターが欲しいけどお金がない。たくさん働かないと。

 

以上。

ぬりぬりぬ~りぬり。

おはようございます、今日も良い朝です。

 

ってアレ? 何が始まるんです?

f:id:keisfarm:20190705165232j:plain

枠なんてしちゃって、まるでコンクリ流すみたいな...

 

f:id:keisfarm:20190705165238j:plain

砂!?

 

f:id:keisfarm:20190705165234j:plain

左官墨!?

 

f:id:keisfarm:20190705165243j:plain

はい、塗ります。真っ黒です。

 

f:id:keisfarm:20190705165247j:plain

作業中の写真は撮れず、一気に塗り終わりです。

 

f:id:keisfarm:20190705165251j:plain

ボコボコとしてまぁこういうのも味があります。

以前も漆喰塗りまくってますから、もっとキレイに仕上げようと思えばできますよイヤホントに。

 

しかし思ったより海苔弁当みたいな仕上がりになってしまった。

大丈夫かなコレ。

 

f:id:keisfarm:20190705165255j:plain

部屋から見た感じはシックで中々。

 

前から軒先をキレイにしたかったので一気に仕上げです。

所要時間3時間ほど、材料費は3000円ちょいくらいかな。

 

おしまい