ケイズファームの日記

ケイズファームの田舎暮らしブログ

草刈機と格闘 その2

以前、3台所持している草刈機のうち2台を直した、というお話を書きました。

 

直してから別に使うこともなく仕舞っておいたのですが、夏はどんどん草が伸びるのでいよいよ稼動させることに。

 

ねんのため畑には2台とも持っていき、いざ開始しようとしたら...

 

動かないわけです、一台。全然エンジンがかからん。

でも、もう一台の方は快調そのもので、草刈り自体は無事終了。

 

この2台を修理した時、

1台は大して苦労せずに動作確認が出来、1台は苦労しまくって動作確認が出来たもの。

 

簡単に直せた方がダメになって、苦労して直した方が快調とは...

わからないもんです。

 

草刈が終わってから、また懲りずに修理にかかります。

動かないのはこちらの機体。

f:id:keisfarm:20180903163610j:plain

さて、以前書いた通り、簡単な作業から面倒な作業へと順に確認していきます。

排気口よし、プラグよし、ポンプよし...ん?

 

あ、ポンプ作動してねぇ。↓これは交換後の写真ですが、丸型のボタンのようなやつ。

f:id:keisfarm:20180903163619j:plain

はて、面妖な。

 

普通はこれを数回押すと、燃料タンクから燃料を吸い上げ、このポンプの中に燃料が溜まるのですが(写真では溜まった状態)いくら押しても上がってきません。

 

畑に持って行った時はポンプに燃料が溜まっていたのですが、どうやら以前テストした時のが残っていただけで、吸い上げていなかった様子。

 

キャブレターのどっかが詰まったとか、パーツがキチンと密着してなくて空気が漏れてるのか?

ということはまたキャブ清掃ですかぁ? めんどくさいなぁ。

 

で、バラしてまた清掃したわけです、もう慣れたものです。

組み直してポンプ押してみるわけですが...ダメ。

 

まさかと思い、燃料ホースを確認。これ↓

f:id:keisfarm:20180903163621j:plain

黄色の方が結構汚くて、中が詰まり気味でした。

もしかしてこれのせいかなぁ、でもこれ余分に吸い過ぎた燃料を戻すだけの役割だったような...

とりあえず針金やパーツクリーナーで掃除。

 

でも結局ダメなわけ。

 

このホースのもう一方、吸い上げる方は見た感じ破損してるわけでもないけど...かなり汚れてるし、もしかしてこっち?

 

実はラッキーなことに、以前の修理の際にこのパーツを2つ買っておいたのです、1つは別の機体に取り付け、残り1つ。交換は簡単なので、試してみることに。

 

そうしましたら...ポンプ、吸い上げました!

 

結局ここがダメだったようです。

黒いホースの先に付いているろ過の部分が詰まってるのかな?

 

んで、エンジンかけてみると無事始動。はい、お疲れさま。

 

しかし...

消耗品がダメになるのは仕方ないにしても、壊れやす過ぎひん?自分ら。

あっち直したらこっちダメ、次はキャブの中身のパーツが壊れるんちゃう?

なんか電動の方が良い気がして来ました。

 

あ、ちなみにあと一台はマフラーを破損してしまい、放置中。

マフラーを自作する気でいるんですが、ちょうど良い缶を探していましたら...

 

缶に入ったドロップあるじゃないですか? なつかしのお菓子。

あの缶がサイズ的にちょうど良さそうなんですが、ドロップ売ってないんですよね。

見つかったら、それをマフラーに加工してみます。中味はスタッフがうんぬん。

 

以上。

内職。

「毎日暑いですねぇ」なんてもんじゃなく異常事態です。

日中の農作業はご法度なので、最近は11時~18時くらいまでは外に出ることは控えています。

 

こういう時期は家にいても出来る作業をしましょう。

 

その1、自家製味噌の様子見。

そう言えば冬に仕込んだ味噌がだいぶ発酵してきたっぽいので、様子を見る。

あまりキレイではありませんが写真 ↓

f:id:keisfarm:20180805171027j:plain

家には味噌樽もあるのですが、あえてジップロック

将来、味噌作りワークショップを開催したとして、参加者が各自持って帰りやすいようにジップロックなどで発酵させる方法を試したのです。

 

この味噌、今でちょうど半年を越えたくらい。少し味見してみた所、十分に風味が出ています。暑いからすでに夏越しをしたくらいの状態になっているんですかね?

 

もう少しだけ放置し、小分けして冷蔵庫に入れて発酵止めします。

 

このジップロック式はカビ対策がしやすい。

タルで作ると上の方が空気に触れてカビが生えて心配になるのですが、ジップロックだと置き方を変えるだけで空気に触れる面が変わりますよね。

 

2週間に一度程度、置き方を変えたところ(ただひっくり返すだけ)、一度もカビを見ませんでした。

 

ジップロックでは田舎的な風情はありませんが、味的にも特に気になるところはありません。

モロキューにするとおいしいです。

 

 

その2、自家製アンチョビの様子見。

近くのスーパーでよくイワシを安売りしているので、ぬか漬けにしたり、イワシフライにするのですが、こないだ思い立ってアンチョビ作りに着手。

 

イワシを手開きし、塩を振り、重しをして冷蔵庫で保管。約一ヶ月です。

f:id:keisfarm:20180805171038j:plain

くったりしてますね。今回は頭と内臓を取ってしまったのですが、次回は丸ごとにしてみます。発酵の具合は、たぶんまぁまぁと言ったところ、ずっと冷蔵庫でしたから遅いみたいです。

 

塩を流し、水気を切って、熱湯消毒した瓶に詰め、お好みのハーブを入れ、オリーブオイルで浸します。

f:id:keisfarm:20180805171041j:plain

普通、塩を流す時に頭、骨、内臓、尻尾などは取って、フィレにしてからオイルに漬けるんですけどね、ズボラアンチョビです。冷暗所で更に一週間ほど寝かします、うまくできるかしら?

 

ちなみにこの手の液体漬けにする時は、瓶の口までなみなみに注ぎ、ラップをゆるく覆って液体と密着させ、中味が絶対液体から顔を出さないようにします、空気に触れた所は簡単にカビます。

 

オシャレなハーブオイルなどは、瓶の中にハーブ入れてますけどね、使ってる途中でハーブが顔出すじゃないですか、カビるので注意してください。←なのでケイズファームのハーブオイルには、製品の瓶には直接ハーブを入れていません。

 

 

今回の内職はこれだけ。アンチョビの食レポは後日。

続・ブラックベリー

ブラックベリー、いよいよ収穫時期に入りました。

 

f:id:keisfarm:20180730132221j:plain

 

早速プラパックに詰めて、道の駅で販売を開始したのですが...

 

やはり扱いが難しい。店内にはエアコンが入っているとはいえ、この暑さでは密閉されたパックの中でベリーが刻々と痛みます、水分を多く含んでいるのでそのまま放置した場合、最悪カビが生えます。

 

また、店内では無事だったとしても、購入された後、家に持ち帰る中でダメになる可能性もある。

 

対策としては、

1、店内の冷蔵庫を使わせてもらう。

2、パックを大きいものに変え、何個かは痛むのを見通して多めに入れて販売する。

3、冷凍か加工品にして販売する。

 

この辺りでしょうか。

 

引き続き、研究します。

草刈機と格闘。

今日は台風が来ているということで、真夏日から少し開放されました。

別に特別雨が降ったわけでもないので普通に暑いんですけどね、日差しがないだけマシです。

 

しばらくすると雨が降ることはわかっているので、今日は水まきの心配がないわけ。

見回りしてよく成っている野菜を収穫して、納品できるだけしておしまい。

 

そこで以前から先延ばしにしていた草刈機の修理に着手しました。

 

なぜか写真は一枚も撮っていないので臨場感は皆無。

以下、内容を記します。

 

ケイズファームには現在3台の草刈機があります、ヤフオクで買ったり、貰い物だったり。

3台あっても現状、全部動かない状態です。で、修理したいけどやり方もよくわかんないし、工具も大してないし、ということで先延ばし。

 

農業者たるや、草刈機の修理くらいはできてなんぼのもん。YouTubeで修理動画を見まくって準備はOK。

 

近隣のコメリで買えるものは買います。

・パーツクリーナー: 部品の掃除に

・キャブクリーナー: 同上、キャブ内部に、こちらのが汚れを溶かす力が高い

オイルスプレー: 錆びて固いネジに事前にかけておきます

・専用のグリス: ブレードのメンテナンスに

・混合ガソリン: 燃料です

・ラチェットセット: ブレード部には必要

・プライマリポンプなどのパーツ: 消耗品

 

こんなもんです、あとはドライバーセットがあれば出来る。

全部で6000円くらいですかね。他の機械の修理にも使いまわしできるので、別に高いと思わない。

 

ということで僕が思う「草刈機の調子が悪い時にすべきこと」

できるだけ楽な順から書きます。

 

古い燃料は捨てて新しい燃料でトライする: まずはここから。

 

排気口の掃除: ドライバーでマフラーの排気口を通す、詰まっているとそれだけで動かないので。

 

エアクリーナーの交換: スポンジみたいなパーツ、経年によってボロボロになります。これがないとエンジンが止まるわけではないと思いますが、ボロボロなのはよくないし、そのまま使うとエンジンにゴミが入り込むかも知れないので。

パーツ自体もホームセンターで売ってます。

 

ネジ調整: エンジンがかかるのにすぐ止まるとか、チョークの開き具合で止まる場合は、たぶんこのネジ調整。

 

個体によってネジの位置が違うので戸惑いますが、燃料の濃さを調整するネジがあります、スロー調整とかエアスクリューといわれるものです。

 

燃料が濃すぎても薄すぎてもエンジンには良くないそう。とりあえずは全開であろうとエンジンが動く状態にして、ネジを回し低速~高速に変えてもエンジンが動いてくれる位置を探る。

 

上が終わったら、アイドリング調整のネジというのもあるので、最低速にしてもエンジンが止まらない位置を探す、ギリギリブレードが回らないくらいの位置を探しだし、またスロー調整、それからアイドリング調整、これを繰り返して、エンジンに負担がかかってなさそうな位置を探す。

 

この辺は、良い感じで説明している記事も少ないですが...なんというかネジですから、こんなに緩んでたら、あるいは締めてたらダメだろう、という常識の範囲で対応しましょう。

 

プラグ交換: プラグをレンチで外して、先端をどこか鉄の部分にくっつけてリコイルスターター(エンジンかける時に引くヒモ)を引く、火花飛んでるか確認、飛んでないなら交換。

 

外したら、せっかくなのでパーツクリーナーにビチャっとつけて置くか、拭くかして汚れを取っておきましょう。

 

プラグはホールセンターに売ってるので、これで直るなら楽勝。

 

タンク周り: 忘れてましたが、タンクも重要。タンクから燃料を吸い上げるホースがもろい(ゴム製なので)、穴があいたり、ちぎれたり。

燃料タンクに沈めるフィルターの部分が詰まってもダメ。

何気にキャップも小さい穴があって圧力の調整をしているそうなので、詰まっていないか確認が必要、パーツクリーナーでも吹いて通しておきましょう。

 

マフラーの掃除: ドライバーで色々外す必要がありますが、キャブレター外すより楽かも。草刈機のマフラーは大抵金属の箱で、分解していけば中も見れます、汚れが酷かったらドライバーなどで削り落とす。

 

はっきり言ってマフラーの汚れを削り落とすのは大変、というかベッタリしてて落ちないので、バーナーとか焚き火でマフラーを焼いてカーボンを燃やす方法が推奨されています。

 

私はこれで今回マフラーを1つ溶かしました。

↑これは実話でバカ話ですが、実際この手のマフラーは焼いて掃除するようです。

 

焼くのが無理なら、灯油につけておくと汚れが浮きますが、ガム状になった汚れは落とすのが大変です。

 

キャブ回り: 上記でもダメなら、いよいよキャブレターです。僕は一台潰すつもりで分解しまくって大体中身が把握できましたが、長年分解されてないキャブレターは部品がひっついていて簡単には外れないので、注意が必要です。

 

プライマリポンプの交換。プラスチック製なので、日光にさらされたり、経年で割れるので交換しましょう。ホームセンターで売っているので楽勝。

 

それでもダメならもっと分解です。マイナスドライバーなどでキャブの接着していそうなところをグリグリしたりしてパカッと開けましょう。

 

金属の間に挟まっているプラスチックやゴムのパーツは経年で劣化するので、やはり交換ですが、これらはホームセンターに売っていないことが多いので、お取り寄せかネット注文になります。

 

次は、キャブレターにあるたくさんの穴を徹底的にキャブクリーナーで洗浄しましょう、そのあとパーツクリーナーで洗い流します。これらの液体が飛び散るので、ゴーグルを着用すること。その後一応乾かしてから組み上げます。

 

 

以上、私が出来るのはこれくらい。さすがにエンジンまでは触れない。

 

修理の戦績は、3台中2台成功、一台はマフラー溶かしたので再起不能レベル、マフラーも自作しようかな。

 

思ったのは、草刈機の修理というとすぐ分解に手を出してしまいそうですが、それ以前の注意点がたくさんあるのでそっちを先に試すべき、ということ。

 

で、誰が読むのかこのエントリー。

 

おしまい。

イベントを終えて

灼熱の中、22日のイベントに参加してくださった皆様に心から感謝申し上げます。

新たな人との出会い、演奏、お料理は楽しんで頂けたでしょうか。

 

参加して下さった方は、再会を楽しみにしております。

今回出席できなかった方は、次回のご参加をお待ちしております。

 

ほぼ丸一日動き回って、一瞬で一日が終わりました。でも、みんなと交わした話の内容はよく覚えています。ゴチャゴチャとした日常から離れた、夢のような一日でした。

 

とはいえ、大いに反省する点もありつつ、今後の方針を決めて行きたいと思います。

 

今後ともケイズファームをよろしくお願いします。 

 

ケイズファーム カズ

ブラックベリーの様子。

今年の目玉商品、ブラックベリーの様子です。

 

f:id:keisfarm:20180716204011j:plain

わさわさと

f:id:keisfarm:20180716203958j:plain

↑黒くなり始めているものもあります。

f:id:keisfarm:20180716204006j:plain

以前も書きましたが、ブラックベリーは商品として扱いが難しいことに気づきました。

 

実が熟すタイミングが結構シビアで、黒くなったら早く採らないといけない。熟した実は柔らかく、プラパックに入れた場合、この暑さではすぐに痛んでしまうのではないか、そうでなくとも果汁が染み出すのが心配。

 

予想では実が熟すのはあと一週間後くらいから...

 

次の週末っていうと...イベントの日やんけ!!

出荷どうしよう。

 

以上

7月22日はイベントの日。

7月22日は「京北、野菜を考える会」恒例のイベントの日、

ケイズファーム所有の古民家で食べ放題&音楽ライブです。

参加費:大人2000円。飲食可能な子供500円。ドリンク持込可

11時開始~18時終了

 

食べ放題メニュー(案)

前菜各種:ハーブを使ったディップ フムス レバーパテ 等

季節のサラダ ~全てケイズファームの無農薬野菜より~

タコス &ナチョス

ハーブチキン&夏野菜の炭火焼き

インドカリー(キムンカリー提供)

季節のぬか漬け

バニラアイスのチョコミントソースがけ

その他、気まぐれメニューを提供します。

 

音楽

cappa sight

kokoro star Kota

他、飛び入り演奏可能

 

ドリンク販売あり

ウクレレ演奏手引きのワークショップあり

川遊びあり

 

場所

 

沢山のご参加お待ちしております。

 

※大変な暑さが予想されます、帽子やタオルなどの暑さ対策をお願いします。

 

ご質問・ご連絡は keisfarm92@gmail.com まで

f:id:keisfarm:20180409143453j:plain